馬プラセンタ危険性

 

プラセンタの危険性について心配な方も多くいるでしょう。
プラセンタは人間をはじめ馬や豚、ヒツジなどの動物の胎盤を使っているのですから危険性が心配されて当然かもしれません。

 

ここでは馬プラセンタ危険性について調べていこうと思います。

 

まず馬の飼育を見ていきましょう。
馬は一つの飼育小屋に複数入れて飼育する動物ではありません。
そのため馬から馬への感染などはほとんど心配ないとされています。
感染に弱い豚などはあらかじめワクチンを打つなど感染対策をしますが馬はそのようなことはしないで飼育できるようです。

 

次に馬の生態についてです。
馬は体温が高い動物なので寄生虫がつきにくく病気にも強いとされています。
また感染することもないので病気にならないようです。

 

特に馬の中の馬サラブレッドはより管理された環境の中で飼育されているのでより心配は少ないとされています。

 

安全

 

結果馬プラセンタの危険性は低いといえるでしょう。
また管理のもと飼育されているので安全ともいえるでしょう。

 

 

副作用についてですがプラセンタでの副作用はほとんどありません
馬プラセンタは品質も高く効果をしっかり感じることにより何か「あれ」っと思うことはでてくるかもしれません。
例えばホルモンバランスが一時的に乱れニキビができやすくなったということはあるようです。
でもそれはあくまでも一時的なものでずっと続くわけではありません。
ホルモンバランスを正常化にしようと働きその結果ニキビができやすくなってしまったということなのです。
副作用というほどではありません。

 

プラセンタつぶの場合は自分で様子を見ながら量を調節することができるので、自分の体調や症状に合わせて飲んでいくことがお勧めでしょう。