プラセンタの気になるにおい

ネットなどでもプラセンタのにおいについて疑問に思っている人が多く質問をしているのを見かけます。
そこで今回はその疑問に答えるようにプラセンタのにおいについて説明していきます。

 

質問としてよく掲載されているのが「獣臭い」ということです。
獣臭いとは一体どんな臭いなのでしょうか?

 

そもそもプラセンタは馬をはじめ、豚や羊、人間の胎盤という臓器から栄養素を抽出したもののことをいいます。
動物の胎盤を利用していることから「獣臭い」ということが出てきているのかもしれません。
確かに臓器ですので決していいにおいとはいえないでしょう。
そしてその胎盤から抽出しているのではっきりいってにおいは臭いです。

 

プラセンタの多くはハードカプセルの中に粉が入っているタイプと液状に閉じ込めてあるソフトカプセルがあります。
どうしてカプセルが多いかというとやはりその匂いを閉じ込めるためだと考えられます。
カプセルをわざわざ開けて粉とカプセルを別々に飲む人はほとんどいませんよね。
ソフトカプセルをわざと半分に噛みちぎって飲む人もいないでしょう。
においをしっかり閉じ込めるためにカプセルになっているのです。

 

プラセンタのにおいは私自身の表現では「納豆のようなにおい」とでも言えるでしょうか?
納豆よりは少し生臭いというようなにおいです。
味も粉だけなめるととてもまずくオエッとなってしまいます。
中には粉末に一緒に他の成分が混ざっていて甘い物もあるといわれています。
毎日飲み続けるものとしてにおいがあまりしないものがいいですよね。

 

気になるにおいを閉じ込めた

キレイデプラセンタも馬の胎盤から抽出したものですのでいい匂いではありません。
味もすごくしぶまずいといった感じではないでしょうか?
でもこれって純度100%の証拠なのかもしれません。
というのも先に述べたように他の成分がはいっていたら甘いものがある場合がありますが、キレイデプラセンタは純度100%、まじりっけなしの馬プラセンタサプリなので、はっきりいてくさいし、まずいです。
これがこのままにおう状態では毎日飲み続けるなんて無理ですよね。

 

そこでキレイデプラセンタではしっかりカプセルの中に粉末が入っています。
しかもそのカプセル、簡単に外せないように改良されているのです