馬の産地

馬プラセンタとは馬の胎盤から抽出した栄養素を配合してあることは過去の記事の中でも紹介してきました。
気になる点はありませんか?

 

現代では食の安全が問われている世の中です。
私たち日本人は特に国産というブランドに信頼を置いています。
食肉でも国産であるものと、外国産であるものがあるように馬プラセンタにも国産と外国産があるのです。

 

馬プラセンタとして販売されているものには国産をはじめ、外国産ではキルギス産アルゼンチン産があります。
産地が違うと効果や効能に関係してくることがあるのでしょうか?
そこで詳しく国産とキルギス産、アルゼンチン産を比べながらみてきましょう。

 

  • 国産

国産

国産と言われてますが北海道で飼育されている馬の胎盤が多く利用されています。
北海道の広大な土地でのびのびと飼育されています。
安全な牧草やバランスのとれた飼料を食べている馬の胎盤から栄養素を抽出しています。
国産と耳にするだけで安心・安全であると信頼度が高いものといえるでしょう。

 

  • キルギス産

キルギス産

キルギスと聞いて「どこの国?」と頭を傾ける人は多いのではないでしょうか?
キルギスとは中国とカザブスタンの間にある国で中央アジアの南部に位置する国です。
標高200メートルの山に囲まれた自然が多い場所で飼育されているのがキルギス産です。
おいしい空気おいしい水、そしてストレスがない環境で飼育されている馬は のびのびと育った馬といえるでしょう。

 

 

  • アルゼンチン産

アルゼンチン産

アルゼンチンは南米大陸の中で2番目に国土が広いとされている国です。
そんな広大な土地で飼育されている馬はさまざまな厳しい検査や基準をクリアしているといえるのです。
というのもEU諸国の安全基準というものは日本よりも厳しいものであり、その基準をクリアしないといけないのです。
そして日本に輸入されるときは国の厳しいチェックを受けているのです。

 

 

効果の違いはある?

どの産地にも共通していることは馬を飼育するという点で広大な土地で飼育されていることには変わりはないようです。
では産地の違う馬の胎盤によってプラセンタ効果に違いはあるのでしょうか?

 

違い

結論から言うと大きな違いはありません
国産であろうと外国産であろうと馬プラセンタとしての効果は同じようです。
やはり自分に合った馬プラセンタを見つけることがポイントになってくるでしょう。

 

この産地の馬プラセンタがおすすめできるというものはありませんが、やはり信頼度で言ったら国産の馬プラセンタではないでしょうか?
国産というブランド力は強いものがあります。
その国産ブランドであるキレイデプラセンタは一番おすすめできる馬プラセンタです。
プラセンタ含有量も業界NO.1とされていて、そして混ぜ物が一切なく、プラセンタそのものがオーガニック仕様なのでまさに安心、安全に注目して馬プラセンタを選ぶならキレイデプラセンタがおすすめです。